ドリンク

食べきれないブルーベリーで作るジンジャエールシロップレシピ

ブルーベリージンジャエール

フルーツジンジャエール第三弾はブルーベリー

ブルーベリーが好きなだけ食べられるのは田舎の最高の特権だと思います。

うちの庭にはブルーベリーの木が2本あって、ブルーベリーって意外と実をたくさん付けるので、毎年食べきれないくらいのブルーベリーが手に入ります。

そんなブルーベリーを使った夏にぴったりの飲み物をご紹介します。

ブルーベリー

ブルーベリージンジャーシロップの作り方

材料

ブルーベリージンジャエール
材料 分量
生姜 80g
グラニュー糖 120g
ブルーベリー 120g
クローブ 3粒
カルダモン 7粒

すっきりした甘さを出すためと、ブルーベリーの色をきれいに出すためにグラニュー糖を使いました。ブルーベリーはフレッシュなものが手に入らなければ冷凍のものでも色はしっかりでます。

作り方

1.生姜は皮ごとよく洗って薄切りにしておく。

生姜

カルダモンは軽く潰しておく。

カルダモン

2.鍋に2カップの水と生姜、スパイスを入れて火をつけ煮出す。

ジンジャエール

3.沸騰したらグラニュー糖、ブルーベリーを入れトロりとするまで煮詰める。

ブルーベリージンジャエール

4.ザルで濾して粗熱が取れたら保存容器に入れる。

ブルーベリージンジャエール

まるでワインのような濃い赤紫色。ブルーベリーの色が綺麗に出ました。

 

ブルーベリージンジャエールシロップ

炭酸水などでお好みの濃さに割って飲んでくださいね。

ブルーベリーのせいかシロップそのものが濃厚な感じなので、強炭酸やレモン炭酸などですっきり感を出して飲むとよさそうです。

ブルーベリージンジャエール
Mari
Mari
ビールで割るとブルーベリーシャンディガフ!これもお勧めです!最近次男が卒乳したので、時々お酒を飲んでいるのですが暑い時期のビール最高!

シロップを作った後の生姜やブルーベリー活用法

煮だした後の生姜やブルーベリーはヨーグルトに乗せて食べると美味しい。

生姜は細かく切って乗せるとシャキシャキとした触感が出ておすすめです。

スパイスヨーグルト

かき氷のシロップにしてトッピングとして食べても美味しい!

まとめ

去年までは長男が底なしにブルーベリーを摘んでは食べていたので、加工品にできませんでしたが、今年はなぜがブルーベリー熱が覚めた模様。

食べきれない大量のブルーベリーをみてこのレシピを思いつきました。

作ってみたら色もきれいで大正解!

暑い時期は暑いだけで、体が疲れてしまうこともあるし、冷たい飲み物についつい手が伸びますよね。

そんな時、美味しくって体にもよい生姜とブルーベリーを使ったジンジャエールを飲んでリフレッシュして頑張りましょー!