レシピ

大根と柚子のアチャールレシピ|スパイスを使ったインドの漬物

こんにちは、ひらつかスパイス農園のまりです。

柚子の香りってなんであんなにいい香りなんでしょうか。ずっとクンクン嗅いでいたい。廊下の野菜かごに置いてあるんですが、夜中にキッチンに行くと真っ暗なのに香りの強さでどこに柚子があるがはっきりと分かります。

今回そんな柚子と旬の大根を使ってネパール版スパイスの漬物アチャールを作ります。

アチャールとは

アチャールとは簡単に言うとスパイスの漬物のことです。インドやネパールを旅していた時の食事によく出来てました。

大根じゃなくても、玉ねぎやキュウリなど幅広い野菜で作ることが出来ます。

塩加減と油の量によりますが1週間ほど保存もできるし、カレーの付け合わせやいつものご飯に作っておくと便利な一品です。

普段はレモン果汁で作りますが、今回は柚子を使用します。

大根と柚子アチャールの作り方

作り方はシンプルで、普通の漬物と違って火と油を使いますが、そのひと手間でグンとおいしくなります。

材料

・大根 400ℊ

・柚子 一個

・ターメリック 小さじ1

・唐辛子 1本

・すりごま 大さじ3

・砂糖 小さじ1

・油 大さじ3

・塩 適量 50ℊ

 

手順

①大根をさいの目切りにして、塩で揉んで15分位たったらよく水を切る

②フライパンでターメリックを乾煎りする

③ボウルにターメリック、種を取り除いた唐辛子、すりごま、砂糖、柚子の果汁を入れて混ぜ合わせ、水気をよく切った大根をあえる

④フライパンで油を熱しボウルに注ぎ入れ、塩で味を整えたら完成

大根アチャール

お好みで柚子の皮の千切りをどーぞ。

Mari
Mari
おいしく作るコツは塩もみした大根の水気をしっかりと絞ることです。こうすると大根の臭みも抜けて味がしみ込みやすくなりますよ。

現地のアチャールはもっと辛くて油も使っているものが多かったのですが、このレシピは普段の食事にも合うように控え目にしています。ポリポリと箸が止まらない美味しさ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mari miura(@hiratsuka_spice_farm)がシェアした投稿

醤油や味噌を使っていないので和食の中の味のアクセントになります。

スパイスご飯

レモン果汁で作るベーシックなレシピはこちら⇩

「大根アチャールの作り方|スパイスを使ったネパールの漬物」

まとめ

我が家では野菜がたくさん収穫できた時に必ず作るメニューです。

食べ慣れている野菜でもスパイスを使うとマンネリ化しないのでおすすめ。ターメリックさえあれば手軽に作れるので是非試してみてくださいね。