ひらつか農園の栽培記録

珍しいトマトの品種(ブラックチェリートマト&インディゴローズトマト)の栽培記録

トマトの苗

こんにちは、マリです!

このサイトでは主にスパイスについての記事が多いですが、スパイス以外にも海外の珍しい作物などの栽培も少しずつ始めたので、栽培経過と育て方を紹介していきたいと思います。

スパイスの種子を購入している「青空マルシェ」さんでは、スパイス以外にも珍しい作物の種子を取り扱っていて、その中でも我が家での消費量の多い「トマト」の中から珍しい品種を見つけました。

本記事では、「ブラックチェリートマト」と「インディゴローズトマト」の2品種について、栽培工程の記録を兼ねて経過をご紹介したいと思います。

青空マルシェさんより「ブラックチェリートマト」と「インディゴローズトマト」の種を購入

ブラックチェリートマト
我が家は自給的農家ですので、毎年ミニトマトや普通のトマトの他に、アイコなど数品種栽培していますが、そのほとんどが「苗」を購入してからの栽培で種からは育てていません。

祖母が若い頃にはトマトの種から苗を育てて売っていたことがあるそうで話を聞くと、種から芽を出させるのは難しいと教わりました。果たして無事に発芽させることができるでしょうか?

トマトの種をまくための種まき倍土作り【2019/4/17】

種からトマトを育てるときは、温度管理がなかなか難しいのでポットに種まき倍土を入れて発芽まで管理します。

まずはそのための種まき倍土作りから。

3号ポットに培養土と畑の土を6:4で混ぜたものを入れました。

畑の土は、普段トマトを育てている場所から持ってきたので既に堆肥などが加えられているため、この土に追加で何か加えるようなことは特にしていません。

トマト栽培3号ポット

インディゴローズトマトとブラックチェリートマトの2品種用にトレイを分けてポットを用意しました。

種は播種前日に水に浸けておく

トマトの種
ポットを準備し、種をまく日を決めたら前日に種子を水に浸けておきます。

吸水させることによって発芽しやすくさせるためですが、この工程をしなければ発芽しないかといえば必ずしもそうではないので、念のために工程に加えていますが必須ではありません。

ポットに種をまく【2019/4/18】

天気のいい日を選んでポットに2粒づつ種を植えました。

指先で1㎝ほどの穴をあけ、種をまいて軽く土をかぶせます。

水で濡らしているので、種が手にくっついてうまく土に植えられないのでピンセットと竹串を使って植えました。

今回はインディゴローズトマト20粒、ブラックチェリートマト20粒買ったので計20個ポットが出来ました。

トマトを植えるインディゴローズトマト

トマトを種から発芽させる難しさは温度管理なのですが、具体的に言うと「発芽温度が高い」というのが一番のポイント。

私の住む宮城県では種から育てて5月~6月初旬の定植を目指す場合、種をまく時期に発芽に十分な気温が得られないことが多いので、簡易ビニール温室のような場所を畑の一角に設けてあるので、そこにトレーごと置くことにしました。

祖母と父親がかぼちゃやトウモロコシの種を管理している場所に混ぜてもらっています。

畑農業
ここなら日中太陽が出ている時間帯はかなり高温になるので、まだまだ肌寒いこの時期の東北でもトマトの発芽は期待できそうです。

ブラックチェリートマトとインディゴローズトマト共に発芽【2019/5/5】

トマト苗
播種から約2週間かかりましたが、ブラックチェリートマトとインディゴローズトマトともに発芽させることに成功しました。

先に芽が出たのがブラックチェリートマトで、翌日5/6日にインディゴローズトマトが発芽しました。

発芽までの間の最高気温は平均20℃位で天気のいい日が比較的多かったのですが、まだ夜間と早朝は肌寒いので時間がかかってしまったのかもしれませんね。

水やりはポットの表面に水が溜まるくらいしっかりと、ほぼ毎日土の表面が乾かないように与えていました。

まとめ

トマトの栽培記録は随時追記する形で更新していく予定です。

インディゴローズトマトとブラックチェリートマトがしっかりと結実して収穫できるようになるまでもうしばらくかかりますが、引き続き注意深く育てていきます。

更新情報などはtwitterやInstagramなどでもお知らせするつもりでいますので、是非フォローしてくださいね!